国産品の歴史国産牛と和牛の違い牛肉の歴史ブランド牛豚肉の歴史ブランド豚

ブランド豚

アグー豚

アグー豚 14世紀の交易時代に中国から移入されたいわれ、10年前のDNA鑑定では中国からの純粋種であるとの結果が出ています。
体質が丈夫で粗食に耐える品種で、「島豚」として長く飼われてきましたが、小型で産子数が少ないため経済性が低く、欧米の近代品種に変わられました。
名護市立博物館が20年ほど前に復活の取組みを開始し、これに県立北部農林高校が協力。
現在、純粋種は、同高校や県畜産試験場などに、合わせて約150頭飼われています。
純粋種の数が少ないため、実用豚には純粋種アグーのオスに他品種のメスをかけあわせた一代雑種F1がつくられています。
アグー保存会が2001年に結成され、「アグー」の商標登録を取得しているJA沖縄経済連、北部農林高校、飼育農家数軒が参加しています。
農水省の2005年度農林水産研究高度化事業には「琉球在来豚アグーの近交退化の緩和および増殖手法の確立」が取り上げられました。

アグー豚の特徴

14世紀後半に中国から沖縄に伝来したといわれています。
コレステロールが外来種の4分の1、ビタミンB1が豊富で、また旨味成分のグルタミン酸が多く含まれています。
臭みがなく、脂が香ばしいのが特徴。
外見は黒毛で毛質は固く長いです。
腰は低く湾曲し、腹部は地に着くほどに垂れ、足は太く短い。
粗食に耐え、疾病に強いといいます。