国産品の歴史国産牛と和牛の違い牛肉の歴史ブランド牛豚肉の歴史ブランド豚

ブランド豚

鹿児島黒豚

鹿児島黒豚 鹿児島黒豚とは鹿児島県内で飼育された純粋バークシャー種の豚肉で、またその豚の生体を指します。かごしま黒豚と言う名称は1999年に商標登録されています。
黒豚のブランドは鹿児島県以外にも、埼玉県(彩の国黒豚)・群馬県(とんくろー)・岡山県(おかやま黒豚)・香川県(讃岐黒豚)で生産されていますが、かごしま黒豚は別格の扱いで、食肉市場では牛肉並の値が付けられるほどです。

鹿児島黒豚の特徴

鹿児島黒豚はさつまいもを配合した飼料を食べて育ちます。
このことによる効果の一つとして、脂肪の質の向上が挙げられます。
脂がべとつかずさっぱりとした食感になることもあり、鹿児島では脂身のことを赤身の「赤肉」に対して「白肉」と呼ぶほど、その評価はお墨付きです。
このさつまいもと、鹿児島黒豚の子豚が共通して苦手にしているのが「寒さ」。
つまり、温暖な南国の気候と豊穣な大地を有する大自然・鹿児島の地だからこそ健康的にのびのび育った「鹿児島黒豚」が生まれるのです。
その肉質は、柔らかく歯切れ良い肉質、くさみもなく、さっぱりとした食感が特徴として挙げられます。
また、栄養分も一般的な白豚と比べてとても豊富で、昨今では健康食材としても注目されています。