国産品の歴史国産牛と和牛の違い牛肉の歴史ブランド牛豚肉の歴史ブランド豚

ブランド牛

仙台牛

仙台牛 仙台牛(せんだいぎゅう)は、全国で唯一、肉質等級が最高の「5」に格付けされないと呼称が許されない超高級ブランド牛肉です。
宮城県特別表示認証食品に認証されており、地域団体商標も取得済み。

仙台牛とは、
1.(品種)黒毛和種であり、
2.(生産技術)仙台牛生産肥育体系に基づいて、個体にあった適正な管理が行われ、
3.(地理的表示)宮城県で肥育された、
4.(格付け)日本食肉格付協会枝肉取引規格が「A-5」及び「B-5」である牛肉のことです。

仙台牛と呼称されるには「格付け」が重要です。
仙台牛は、日本食肉格付協会の肉質等級において、最高の5等級を満たす場合のみ呼称が許されます。そのため、仙台牛であることが即ち超高級牛肉であることの証となっています。
また、「歩留等級C」、すなわち、肉牛の体格が小さいために取れる枝肉の量が少ない場合は、「肉質等級5」であっても仙台牛とは呼称できません。
結果、A-5およびB-5の牛肉のみ仙台牛との呼称を得られます。


仙台牛の特徴

仙台牛は、全国の市場においても人気の高い牛肉で、「品質」「風味」ともに高い評価を受け、全国の銘柄牛の中でも高級の牛肉と言われています。
脂身には甘みがあり、肉の旨さが一層際立ちます。
松阪牛・但馬牛・近江牛などのような格付けが低い枝肉まで呼称が許される牛肉とは異なり、仙台牛はその厳しい定義により流通量を確保するのが困難です。
「品種」「生産技術」「地理的表示」を満たす飼養戸数は宮城県内に約800戸ありますが、「格付け」により仙台牛は約3000頭/年(2002年度)の生産量となっています。