国産品の歴史国産牛と和牛の違い牛肉の歴史ブランド牛豚肉の歴史ブランド豚

ブランド牛

米沢牛

米沢牛 米沢牛(よねざわぎゅう)は、山形県米沢市がある置賜地方3市5町で肥育された和牛が、一定の基準を満たした場合に呼称される銘柄牛肉。日本三大和牛に数えられる場合があります。米沢のABCとも言われ、地域の特産品のひとつになっています。
1871年(明治4年)に米沢藩は英国と条約を結び、上杉鷹山が開校した興譲館中学に横浜に居留中の貿易商、チャールズ・ヘンリー・ダラスを英語教師として招きました。
当時米沢では四つ足の動物は食べないとされていましたが、故郷を懐かしんだダラスが一緒に連れてきたコックの万吉に牛肉を調理させ食べたのが食用としての米沢牛の始まりです。
その牛肉のあまりのおいしさに驚いたダラスは任期を終え米沢を離れる際に、牛を1頭横浜に連れて帰りました。
そして仲間たちに振舞ったところ大好評で、それがきっかけとなり米沢牛は全国に広まっていったとされています。


米沢牛の特徴

妻連峰、飯豊連峰、朝日連峰の高い山々に囲まれた米沢盆地。
寒暖の差が厳しい盆地特有の気候と、最上川源流域の肥沃な土地は豊かな実りをもたらし、米沢牛に必要な大豆、麦、トウモロコシ等の良質の飼料とわらを供給してくれます。
米沢牛の特徴はなんといってもきめ細かい霜降りと脂の質の良さ。
上質の脂は、うまみ、香りがあり溶け出す温度が低く、とろけるような食感をつくりあげます。
この上質の脂ができる秘密は、置賜の気候風土もさることながら、先人が永い年月をかけて、試行錯誤を繰り返し培ってきた飼育技術によるもの。
その技術は脈々と受け継がれ、すばらしい米沢牛を育て上げるのです。