国産品の歴史国産牛と和牛の違い牛肉の歴史ブランド牛豚肉の歴史ブランド豚

ブランド牛

松坂牛

松坂牛 松坂牛、神戸牛、米沢牛が日本三大和牛として取り上げられておりますが、松坂牛は霜降り肉として有名です。
全国の優秀な血統の子牛を、三重県中勢部を流れる雲出川から宮川にかけての地域で肥育した未経産(処女牛)の黒毛和種の雌牛であって、個体証明書を有し、照合が可能な牛を「松坂牛」と呼んでいます。
優れた資質、行き届いた飼養管理によって日本一の肉牛として認められ、霜降りがきめ細かく綺麗に入っていることはもちろん肉質が柔らかく霜降りの脂肪分に甘味のある風味が特徴で、味のすばらしさは「肉の芸術品」として全国、世界から賞賛されています。
有名なため産地偽装が頻繁に起こっており現在では生産地を示す認証表示をつけて販売されています。

松坂牛 通販 http://yakiniku29.com/

松坂牛の特徴

松坂牛は霜降りがあればよい肉というわけではなく、血統や肉質、脂質を重視して選定することにより本当に美味しい松坂牛だということです。
松坂牛は霜降り主体のブランド牛とは味が違い、キメの細かい霜降りが入っているのでくどくなく、口に入れるととろけて、あくが少なく、旨みが凝縮されてとても美味しいということです。
松坂牛は他の牛肉に比べると融点(脂の溶ける温度)が低いのが特徴です。
一般的な和牛は平均25度に対して、松坂牛は平均17度ですから、脂を手の上にのせただけで溶けていくのが特徴です。
「不飽和脂肪酸」というのはこの融点が低いのが特徴で、コレステロール低下作用に関係しています。
松坂牛はこの不飽和脂肪酸の比率が高いので、非常に舌触りが良いということで、松坂牛の美味しさの要因のひとつになっています。