国産品の歴史国産牛と和牛の違い牛肉の歴史ブランド牛豚肉の歴史ブランド豚

ブランド牛

飛騨牛

飛騨牛 ”飛騨牛”とは岐阜県内で14ヶ月以上肥育された黒毛和種で、なおかつ日本食肉格付協会が実施する枝肉格付で肉質等級A・Bで5等級、4等級、3等級の牛のことを飛騨牛と呼びます。
したがって飛騨牛は岐阜県で飼育された最高級の牛ということになります。
飛騨牛がここまでブランド化できたのは、一頭の雄牛「安福号」の功績が大きいです。肉質の良い子孫ができやすい遺伝子を持っていました。
安福号は1980年(昭和55年)4月1日に兵庫県美方郡村岡町(現香美町)で生まれた但馬牛です。
1981年(昭和56年)6月16日に県有種雄牛として岐阜県が購入し、7月21日に、当時の上松陽助岐阜県知事により「安福号」と名付けられました。
生涯で39,000頭余りの子ができたといいますが、実際に飛騨牛になったのは2割5分〜3割です(無論、この産子数には繁殖母牛として使われる雌牛が含まれていることから、この比率はかなり高い確率だといます)。


飛騨牛の特徴

とても霜降りが多く、色はきれいな薄いピンク色をしています。筋肉の繊維が大変細かく食感がやわらかい牛肉です。
味はくどさがまったくなく、旨味たっぷりの甘味を感じることが出来ます。
とてもさっぱりしてやわらかいので子供からお年寄りまでおいしく召し上げることができる牛肉です。