国産品の歴史国産牛と和牛の違い牛肉の歴史ブランド牛豚肉の歴史ブランド豚

国産牛と和牛の違い

国産牛と和牛の違い スーパーマーケットに並んでいる牛肉のラベルを見ると、国産牛、和牛、輸入牛などと書いてあります。また、産地の名前や、黒毛牛や交雑種と書かれているものもあります。
食用に使われる牛は、肉用種である和牛や外国種の牛の他に、乳用種のホルスタインのオスや、加齢で搾乳できなくなったホルスタインのメスです。また、交雑種というのは乳用種と肉用種を交配した牛のことです。
国産牛は日本で生産された牛のことです。日本で育成された牛は、どんな種類の牛であっても国産牛と分類されます。また、生まれが外国でも、屠殺されるまでに、日本で3ヶ月以上育てられた牛は国産牛になります。
この3ヶ月というのは、牛が食べるエサが変わることによって、肉質など体の構成が変化するのに要する期間とされています(豚は2ヶ月、それ以外の家畜は1ヶ月と定められています)。
では、国産牛と和牛の明確な違いとはなんなのか?
ここではその違いをご説明致します。

・国産牛
育てられたという定義ではなく、日本国内で食肉用に加工したもの(精肉したもの)を国産牛と言います。
また、和種以外を日本で食肉加工したものを指します。
→詳しくはこちら

・和牛
和牛という表記がありますが、これは産地とは全く関係のない「品種」の名前であり、公正競争規約というもので表示の内容が定められていて、黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種の4品種のみが和牛と言っていいことになっているそうです。
→詳しくはこちら